エドワーズライフ
サイエンスとは

Who we are

エドワーズライフサイエンスは、構造的心疾患とクリティカルケアモニタリングに関する、
患者さんのためのイノベーションを世界的にリードする企業です。

社員一人ひとりが
患者さんへの想いを胸に

Driven by a passion to help patients.

01

エドワーズライフサイエンスは、患者さんの人生に変革をもたらすような、革新的な医療技術を生み出すことに努めています。社員一人ひとりが手掛けるすべての仕事は、最終的にすべて患者さんの幸せにつながる。すべては患者さんのために。それがエドワーズライフサイエンスの社員全員が共有する、強い想いです。エドワーズライフサイエンスは循環器疾患と戦う人々へ革新的な治療技術を提供することに全力を尽くします。

写真:製品の製造風景

色褪せることのない
パイオニア精神がいのちをつなぐ、
いくつもの製品を生み出す力に

Dedicated to providing innovative solutions for people.

02

エドワーズライフサイエンスが目指すのは、イノベーションによって医療を支え、満たされていない現場のニーズに応えること。その想いから、私たちは弁膜症治療と血行動態モニタリングの分野におけるパイオニアとして、革新的な医療技術を提供し続けてきました。そして今もなお、休むことなくイノベーションを生み出す努力を継続しています。それが患者さんを救う道へとつながると、私たちは信じています。

写真:エドワーズライフサイエンスの製品写真

「自分と同じ病の人々を助けたい。」
発明家が抱いた夢がはじまり

With an entrepreneurial spirit and a dream of helping patients.

03

「病で傷ついた心臓を持つ人を救いたい」。エドワーズがその夢を抱くようになったのは、10代の頃、心機能に悪影響を及ぼすリウマチ熱を患ったことがきっかけでした。その病を経験したエドワーズはいつからか、自身と同じ病の人々を助けたいと考えるようになっていました。この時すでに、エドワーズは電気技師として燃料ポンプなど数多くの発明に成功していましたので、体の中でポンプの機能を果たす心臓もきっと機械化することができると信じていました。

写真:創始者のマイルズ・ローウェル・エドワーズ

60歳からの挑戦。若き医師との出会いから
「人工弁」の開発が始まる。

A young surgeon encouraged Edwards to focus first on developing an artificial heart valve, for which there was an immediate need.

04

エドワーズは60歳で電気技師としての仕事をリタイアすると、自宅のガレージで本格的に人工心臓の研究に取り組み始めました。そんな時、彼はアルバート・スター博士に出会います。若い医師ながら手術の指導医として精力的に心臓手術の研究を重ねていたスター博士は、エドワーズとふたりで、技術の可能性について熱心に語り合いました。そして人工心臓よりも先に人工心臓弁の開発を目指すよう、エドワーズに助言したのです。1950年代当時の技術では人工心臓の開発は困難でした。それよりも、心臓のなかで重要な役割を果たす「弁」を人工化する研究が急がれていたのです。

写真:エドワーズとアルバート・スター博士

世界初の人工心臓弁製品化から、弁膜症治療のリーディングカンパニーへ。

Being a global leader in patient-focused medical innovations for structural heart disease, as well as critical care and surgical monitoring.

05

人工弁を開発すべき、というスター博士の助言は、エドワーズの開発の転機となりました。その後、スター博士とともにエドワーズは「スター・エドワーズ・ボール弁」を完成、1960年に世界で初めて人工心臓弁の製品化に成功しました。ふたりの研究者の対話から生まれた、偉大な発明でした。
今日、エドワーズの小さな研究室は、弁膜症治療および血行動態モニタリングのリーディングカンパニーに成長。世界中の医師や医療従事者から信頼を得て、必要とされる存在になっています。そして60年を超える時を経てなお、エドワーズの信念と情熱は社員一人ひとりに受け継がれています。

患者・ご家族の皆さま向け情報

患者・ご家族の皆さまへ向けて、心臓弁膜症や手術の前後・手術中の患者さんの循環動態をモニターする医療機器についてご紹介します。

患者・ご家族の皆さま向け情報

医療従事者の皆さま向け情報

医療従事者の皆さまへご提供している製品情報やサポート情報、動画コンテンツ、関連する学会やセミナーのスケジュールなどをご覧いただけます。

医療従事者の皆さま向け情報