ウシ心のう膜パッチ

循環器疾患領域 牛心のう膜生体弁・パッチ
写真:ウシ心のう膜パッチの製品画像
ウシ心のう膜パッチは、心房中隔欠損や心室中隔欠損の閉鎖及び右室流出路の形成等に用いる生体由来のパッチです。

医療機器添付文書

特徴

柔軟性があり、様々な用途に対応可能

牛心のう膜はコラーゲンの含有率が高く、分布が網状で分散されているため、耐久性があります。また本製品は独自の処理法により、柔軟性を兼ね備えています。
 
  • カーペンターエドワーズ牛心のう膜生体弁でも実証されているXenoLogiX処理により耐久性があり、石灰化抑制効果が期待されています。
  • コラーゲンの自然波形構造に変化を与えないNeutralogic Fixationにより柔軟性を兼ね備えています。
  • 組織に縫合糸を掛けやすく、また保持力に優れています。
  • 洗浄後すぐに使用可能です。
  • 牛心のう膜パッチは縫合ラインからの出血が少ないという報告があります。
  • 10cm × 15cmのサイズのため様々な用途に対応できます。

仕様・モデルナンバー

販売名 ウシ心のう膜パッチ
承認番号 22200BZX00841
モデルNo. 4700
サイズ 10±0.5cm×15±0.5cm