フロートラック センサー

麻酔・救急集中治療領域 フロートラックセンサー (動脈圧心拍出量測定)
写真:フロートラック センサーの製品画像
フロートラック センサーで動脈圧波形情報に基づいて、心拍出量をはじめとする各種パラメータを連続的に測定し、循環動態を最適化します。
フロートラック センサーは、動脈留置カテーテルと接続して用いる専用のキットです。動脈圧波形の情報に基づいて、心拍出量(CO)、一回拍出量(SV)、一回拍出量変化(SVV)など、各種フローパラメータを連続して測定できる低侵襲の血行動態モニタリングシステムです。
 

特徴

低侵襲かつ簡便

  • 血圧モニタリングシステムと同じ手順でセットアップ
  • 動脈留置カテーテルに接続して使用
  • 使用に際し、指示液や指示薬(色素)の投与によるキャリブレーションは不要

フロートラックシステムのアルゴリズム

  • パラメータを20秒ごとに更新
  • 20秒間に6拍までの期外収縮を除外して一回拍出量変化を補正
  • 血管抵抗の低下を伴うハイパーダイナミック時の心拍出量算出補正アルゴリズムを搭載
  • 血管収縮薬投与によるバスキュラートーンの急激な変化に対する心拍出量算出補正アルゴリズムを搭載。

フロートラック システムで得られる循環動態パラメータ

BP 血圧(Blood Pressure) 収縮期血圧、拡張期血圧、平均血圧の3種を表示
PR 脈拍数(Pulse Rate) 心臓が血液を送り出す際に動脈に生じる一分間の拍動数
CO 心拍出量(Cardiac Output) 心臓が1分間に送り出す血液の量(一回拍出量×心拍数)
CI 心係数(Cardiac Index) 心拍出量÷体表面積で算出する値
SV 一回拍出量(Stroke Volume) 心室が一回の収縮で拍出する量
SVI 一回拍出量係数(Stroke Volume Index) 一回拍出量÷体表面積で算出する値
SVV 一回拍出量変化(Stroke Volume Variation) 一回拍出量の呼吸性変動を変化率(%)で表した値
SVR 体血管抵抗(Systemic Vascular Resistance) 左室の拍出に対する抵抗
SVRI 体血管抵抗係数(Systemic Vascular Resistance Index) 体血管抵抗算出時、心拍出量の代わりに心係数を使用したもの
  • SVR/SVRIの測定には中心静脈圧の入力が必要です

フロートラック概要アニメーション

パラメータの算出方法や、輸液反応性の測定についての解説などを含む、フロートラックの概要アニメーションです。
 

特定保険医療材料

006 体外式連続心拍出量測定用センサー

本製品の適用については、「特定保険医療材料 特材算定ハンドブック(平成30年度版)」に以下のように解説されています。
『心臓疾患等の既往歴のある患者の手術のみならず、大量出血及び大量輸液が予想されるようなハイリスク手術の周術期、及び循環動態の大きな変動が予想される症例等では、心拍出量、血圧等の血行動態管理を連続的に行う必要があり、有用とされている。
また、手術中の適正輸液は、術後の腸管機能の回復をはじめとしてPONV(術後悪心嘔吐)予防、感染症リスクの軽減及び縫合不全の発生率の低減など術後回復促進策のひとつとして推奨されている。体外式連続心拍出量測定用センサーによって得られる心拍出量、一回拍出量、一回拍出量変化は、輸液反応性をみる指標として優れており、これらを使用した輸液適正化が、術後合併症を減少させることが示されている。』
参照:特定保険医療材料 特材算定ハンドブック 平成30年4月版
監修 久岡 英彦
医療材料実務研究会
 

フロートラック センサー仕様

感度 5.0µV/V/mmHg ±1%
非直線性およびヒステリシス 読取値の±1.5%または±1mmHgのどちらか大きい方
励起インピーダンス 350Ω±10%
シグナルインピーダンス 300Ω±5%
ゼロオフセット ≦±25mmHg
位相シフト <5°

仕様・モデルナンバー

販売名 フロートラック センサー
認証番号 21700BZY00348
モデルNo. MHD6S、MHD8S、MHD6AZA、MHD65、MHD85、MHD150P、MHD180P

関連する製品

関連するラーニング&サポートツール

こちらの製品に関するお問い合わせ