エドワーズ サピエン3

循環器疾患領域 経カテーテル生体弁
写真:エドワーズ サピエン3の製品画像
重度の大動脈弁狭窄症に対する、新しい治療法TAVI(Transcatheter Aortic Valve Implantation/経カテーテル大動脈弁治療)用のバルーン拡張型人工心臓弁です。

エドワーズ サピエン3 生体弁

革新的なアウタースカートデザイン

  • 弁輪部とステントの隙間をなくし、弁周囲逆流を極小化します。
  • 優しい拡張を可能にし、出血リスクを低減します。

信頼性の高い弁尖

  • 長年の実績に裏付けされたウシ心のう膜を採用しています。
  • カーペンターエドワーズThermaFix抗石灰化処理により、弁尖の石灰化リスクを軽減します。※
  • エドワーズライフサイエンス社のThermaFix抗石灰化処理の人体への長期的影響を評価した臨床データはありません。

計算されたフレームデザイン

  • クリンプ時の低プロファイル化と、留置時の高いRadial strength(内腔保持力)を同時に追求しました。
  • 留置後に正円性が維持されるため、良好な血行動態と高い耐久性を実現します。

経大腿システム

エドワーズ サピエン3 経大腿アプローチ

生体弁を経大腿的に大動脈弁位にデリバリーするシステムです。
 

エドワーズ コマンダー デリバリーシステム

  • フレックス機能が進化し、屈曲範囲の拡大に伴い、より多くの患者への安全なアクセスが可能となりました。
  • 正確なバルブポジショニングにより、シャフト全体を動かす事なく、生体弁の位置調整が手元のダイヤルで行えるようになりました。
画像:エドワーズ コマンダー デリバリーシステムの説明画像

イントロデューサーシースセット(エクスパンダブル)

  • 低プロファイル化を実現。
  • 26mmバルブサイズまで、14F eSheathでの対応が可能になりました。
  • 一時的に拡張する構造のため、アクセス血管の負荷(拡張時間)を低減します。
画像:イントロデューサーシースセット(エクスパンダブル)の説明画像

経心尖/経大動脈システム

エドワーズ サピエン3 経心尖アプローチ

生体弁を経心尖的に大動脈弁位にデリバリーするシステムです。
 

エドワーズ サピエン3 経大動脈アプローチ

生体弁を経大動脈的に大動脈弁位にデリバリーするシステムです。
 

エドワーズ サーティテュード デリバリーシステム

  • 操作性を追求した、TA/TAo専用のデリバリーシステムです。より正確に生体弁をポジショニングできるよう、フレックス機能を追加しました。
画像:エドワーズ サーティテュード デリバリーシステムの説明画像

エドワーズ サーティテュード イントロデューサーシースセット

  • 低プロファイル化により、さらなる低侵襲化を実現しました。
  • 23mm、26mmバルブサイズにおいて、シース径を従来の24Fから18Fへ小径化。TA/TAoアプローチによる、シース挿入時の患者さんへの負担を低減します。
画像:エドワーズ サーティテュード イントロデューサーシースセットの説明画像

サピエン3 米国本社特設ページ

米国本社ウェブサイトでは、サピエン3について、より詳しい情報をご覧いただけます。以下をクリックしてご覧ください。
  • 米国本社ウェブサイトにおける情報は、日本における適用とは異なる場合がございます。

仕様・モデルナンバー

販売名 エドワーズ サピエン3
承認番号 22800BZX00094000
モデルNo. 9600CM20J、9600CM23J、9600CM26J、9600CM29J
サイズ 20mm、23mm、26mm、29mm
販売名 エドワーズ サピエン3
承認番号 22800BZX00094000
モデルNo. 9600CT23J、9600CT26J、9600CT29J
サイズ 23mm、26mm、29mm