カーペンターエドワーズPERIMOUNT牛心のう膜生体弁 ThermaFix Process

循環器疾患領域 牛心のう膜生体弁・パッチ
写真:カーペンターエドワーズPERIMOUNT牛心のう膜生体弁 ThermaFix Processの製品画像
優れた耐久性と血行動態、20年の遠隔成績などにおいて世界的に高い評価を得ているPERIMOUNT。新たにThermaFix処理を施すことで、さらなる耐久性の向上が期待されています。

特徴

ThermaFix石灰化抑制処理

エドワーズライフサイエンス社では、生体弁の構造的劣化の主要原因のひとつである石灰化を抑制し、生体弁の耐久性を高めるため、独自の石灰化抑制処理の開発と技術改良に継続的に取り組んでいます。
ThermaFix石灰化抑制処理は、従来のXenologiX石灰化抑制処理を基礎とし、新たに加温処理を加えた石灰化抑制処理技術です。ThermaFix処理された牛心のう膜組織は、インプラント後のカルシウム含有が有意に減少することが動物実験によって確認されています。
 

ハイパフォーマンスを実現する設計

弁尖は、ステントに最適合するよう独自の設計・カットを行った上で、ステントの内側にマウントしています。また、耐久性を最大限に引き出すため、弁尖の局所に負荷が集中せず、亀裂が生じにくい設計となっています。さらに、ステントには、柔軟性と耐久性を兼ね備えたコバルト・クロム・ニッケル合金を採用し、弁の開閉時にステントと弁尖の接合部にかかる負荷を減少させることができます。
 

実証された長期遠隔成績

カーペンターエドワーズ牛心のう膜生体弁(大動脈弁)は20年の長期遠隔成績を持っています。また数多くの文献により報告されているPERIMOUNT生体弁の臨床成績はそのまま継承されます。ThermaFix石灰化抑制処理が施されることで、更なる耐久性の向上が期待されています。
 

仕様・モデルナンバー

販売名 カーペンターエドワーズPERIMOUNT牛心のう膜生体弁ThermaFix Process
承認番号 22600BZX00413
モデルNo. 2900TFXJ19、2900TFXJ21、2900TFXJ23、2900TFXJ25、2900TFXJ27
サイズ 19mm、21mm、23mm、25mm、27mm

関連する製品