カーペンターエドワーズ牛心のう膜僧帽弁プラスThermaFix Process

循環器疾患領域 牛心のう膜生体弁・パッチ
写真:カーペンターエドワーズ牛心のう膜僧帽弁プラスThermaFix Processの製品画像
長期臨床実績を誇るPERIMOUNT僧帽弁のプラットフォームを継承。ThermaFix石灰化抑制処理が施され、耐久性が期待される僧帽弁用生体弁です。

特徴

ThermaFix石灰化抑制処理

エドワーズライフサイエンス社では、生体弁の構造的劣化の主要原因のひとつである石灰化を抑制し、生体弁の耐久性を高めるため、独自の石灰化抑制処理技術の開発・改良に継続的に取り組んでいます。 ThermaFix石灰化抑制処理は、従来のXenoLogiX石灰化抑制処理を基礎とし、加温処理を加えた石灰化抑制処理技術です。
 

正確かつ安全なインプラントをサポート

取り扱い易さを追求して開発されたトライセントリックス・ホルダーを採用。独自のテンティングシステムにより、スーチャーループジャミング(縫合糸の巻き込みに起因した弁機能不全)のリスクを軽減するなど、正確かつ安全なインプラントをサポートします。
 

綿密な設計・製造を追求

弁尖に用いている牛心のう膜は、コラーゲン含有率が高く、その分布が網状に分散されているため、耐久性を必要とする生体弁に適しています。また、弁の局所的な負荷を避ける設計や、コラーゲンのひだ構造に変化を与えないように処理を行っています。さらに、弁の構成品に改良を加え、より高い耐久性が期待できます。
 

患者さまのQOL向上に貢献

PERIMOUNT僧帽弁は、25年の臨床成績が報告されています。また、生体弁は継続的な抗血液凝固療法が不要になることが多く、患者さんのQOL向上に貢献します。
 

仕様・モデルナンバー

販売名 カーペンターエドワーズ牛心のう膜僧帽弁プラスThermaFix Process
承認番号 22200BZX00888
モデルNo. 6900PTFX‐25、6900PTFX‐27、6900PTFX‐29、6900PTFX‐31、6900PTFX‐33
サイズ 25mm、27mm、29mm、31mm、33mm(※33mmは受注発注品)

関連する製品