文献サマリー「周術期のアウトカムにおける神経モニタリングの役割に関する American Society for Enhanced Recovery および Perioperative Quality Initiative共同コンセンサスステートメント: 近赤外分光法による脳オキシメータ」

麻酔・救急集中治療領域 学術論文・研究資料

更新日:2021年08月27日

画像:文献サマリー「周術期のアウトカムにおける神経モニタリングの役割に関する American Society for Enhanced Recovery および Perioperative Quality Initiative共同コンセンサスステートメント」の表紙

2020年に発表された「周術期のアウトカムにおける神経モニタリングの役割に関するAmerican Society for Enhanced Recovery およびPerioperative Quality Initiative共同コンセンサスステートメント:近赤外分光法による脳オキシメータ」の日本語サマリーです。

近赤外分光法による脳オキシメータの周術期の使用に関するコンセンサスステートメントで、使用にあたっての解釈やエビデンスがまとめられています。

日本語サマリー作成にあたり、川口 昌彦先生(奈良県立医科大学麻酔科学教室 教授)に監修いただきました。

PDFダウンロードページに移動する

※リンクをクリックすると、PDFページへ移動します。PDFを閲覧、ダウンロードいただくためにはメールアドレスのご登録が必要です。