Mitral Valve Report:フィジオフレックスリングを用いた僧帽弁形成術

循環器疾患領域 治療技術学習

更新日:2021年07月28日

サムネイル

小山 忠明 先生(神戸市立医療センター中央市民病院)に僧帽弁形成術に関するご経験や手術手技、僧帽弁用人工弁輪の選択基準、フィジオフレックスリングについてお話を伺いました。


本コンテンツはリーフレットと手術手技動画の2部構成になっています。

ツールを見る

※リンクをクリックすると、ツール閲覧ページへ移動します。本ツールをご覧いただくにはEdwards Edgeへのご登録が必要となります。(ご登録済みの場合は、サインインの上ご利用ください。)

関連する製品ページ