CC JOURNAL Vol.3 救命救急医療における血行動態モニタリングの重要性

麻酔・救急集中治療領域 症例・臨床情報

更新日:2018年02月09日

画像:情報誌「CC JOURNAL Vol.3 救命休医療における血行動態モニタリングの重要性」の表紙

救急救命医療における血行動態モニタリングの重要性~よりよいチーム医療を目指して~

公立豊岡病院 但馬救命救急センター センター長 小林 誠人先生に、救命救急医療における血行動態モニタリングの重要性をテーマに執筆いただいた、クリティカルケア情報誌です。

輸液管理や、重症敗血症と敗血症性ショック患者におけるEGDTプロトコル、さらにクリアサイトを用いた病院前(プレホスピタル)の救命救急医療などを取り上げた内容です。
  • 公立豊岡病院 但馬救命救急センター センター長 小林 誠人先生
  • ファイルサイズ:約2MB