2017年06月26日実施 看護に活かす 組織酸素代謝と混合静脈血酸素飽和度

麻酔・救急集中治療領域 学会・セミナー動画(看護師・その他医療従事者向け) トレーニング

更新日:2017年07月28日

画像:セミナー「2017年06月26日実施 看護に活かす 組織酸素代謝と混合静脈血酸素飽和度」のサムネイル

清野 雄介 先生(東京女子医科大学 集中治療科)によるセミナー「看護に活かす 組織酸素代謝と混合静脈血酸素飽和度」の動画です。

心臓麻酔、心臓エコー、術後管理など血行動態管理のエキスパートとして豊富な臨床経験をお持ちで、学会や研究会などで幅広くご講演、指導をされている清野雄介先生によるセミナーです。
心臓手術の術後を中心に、血行動態モニタリングに使用される肺動脈カテーテルで測定する混合静脈血酸素飽和度の意義や解釈の仕方、組織酸素代謝の考え方・ポイントについて、看護に活かせる基礎をお話しいただきます。
・組織酸素代謝の考え方
・肺動脈カテーテルで測定する混合静脈血酸素飽和度の意義
・混合静脈血酸素飽和度の解釈のしかた
  • 講師:清野 雄介 先生(東京女子医科大学 集中治療科)

動画を視聴する

※リンクをクリックすると、オンラインセミナーページへ移動します。オンラインセミナーをご視聴いただくためにはメールアドレスのご登録が必要です。