2016年07月01日実施 麻酔科医に求められる循環モニタリングの実践

麻酔・救急集中治療領域 学会・セミナー動画

更新日:2016年12月20日

画像:セミナー「麻酔科医に求められる循環モニタリングの実践」のサムネイル

山浦 健 先生(福岡大学医学部麻酔科学教室 教授)によるオンラインセミナー「麻酔科医に求められる循環モニタリングの実践」の動画です。

  講演内容
・麻酔科領域における循環管理の重要性
・循環管理における心拍出量測定の意義
・スワンガンツカテーテルやフロートラックセンサー等のモニタリング機器の活用方法

動画を視聴する

※リンクをクリックすると、オンラインセミナーページへ移動します。オンラインセミナーをご視聴いただくためにはメールアドレスのご登録が必要です。

山浦先生より

今回は、麻酔管理において重要な項目の一つである循環管理に焦点を当ててお話しする予定です。近年、医療技術は驚くべきスピードで進化をしており、とりわけ循環系モニタリングの進歩には目を見張るものがあります。麻酔科医は多くの循環指標を手にしてきましたが、このような中で重要なのはモニタリングから得られる多くの情報を活用し、手術侵襲から患者さんを守るとともに、術後の早期回復に結び付けることです。講演では循環管理における循環モニタリングの意義と重要性についてお話します。