Previous Play Slide ShowStop Slide Show Next

動脈塞栓除去用カテーテル

Dr. Fogartyによって開発され、1963年に発売されて以来、血栓除去術の最も基本的な治療デバイスとして広く用いられています。
動脈内の塞栓除去用に設計されて、動脈系血管からの柔らかい赤色血栓に適応します。

  • 挿入後、塞栓物質の遠位でバルーンを膨張させて、塞栓とともに引き出します。
  • バルーンは左右対称に膨張するため、血管壁と確実に接触し、迅速で効果的な塞栓除去が可能です。
  • 先端チップは短く柔らかいので、動脈穿孔、血管損傷、プラーク剥離の危険を防止します。
  • 10㎝(2Fの場合は5㎝)ごとにマーキングされています。


販売名:フォガティーカテーテル
承認番号:15100BZY00938

販売名:フォガティー動脈塞栓除去カテーテル
承認番号:20400BZY01104


このページに記載された内容は、医療関係者の皆様への情報であり、一般の方が病状の診断・治療の際にご参考にするものではございません。ご自身の適用につきましては、必ず医師にご相談下さい。