dcsimg

ホーム > 採用情報 > 部門紹介

部門紹介

エドワーズライフサイエンスの各部門をご紹介します

 

CVS事業部

心臓弁膜症の治療に用いる人工心臓弁(生体弁)と人工弁輪、そして、人工心肺を用いる心臓血管外科手術の際に主に使われるカニューレなどを取り扱う事業部です。心臓弁膜症は社会の高齢化に伴って増える傾向にありますが、症状が出ないままに進行することから、適切な治療を受けていない患者さんも多いと言われています。そのような心臓弁膜症の根本的な治療法は外科的な手術です。私たちは弁膜症手術に用いる生体弁と人工弁輪のパイオニア、そしてリーディングカンパニーとして世界的に大きな信頼を得ています。

VCC事業部

リスクの高い手術・集中治療・救命救急など、重篤な患者さんを治療するクリティカルケアにおいて、患者さんの状態をモニタリングする製品を取り扱う事業部です。クリティカルケアの患者さんの状態は非常に不安定で急激に変化するため、先生方は、常に迅速に変化に対応し、短時間で最適な治療判断をすることが求められます。こうした先生方の迅速な意思決定をサポートすることで、患者さんの早期回復を促すための製品、モニター、カテーテル、センサー等を提供し、40年以上にわたり市場をリードし続けています

THV事業部

大動脈弁狭窄症に対する新治療(TAVI ; Transcatheter Aortic Valve Implantation)に使用する製品を扱う事業部です。事業部名はTranscatheter Heart Valveに由来します。心臓の大動脈弁が硬くなり開きにくくなる「大動脈弁狭窄症」。開胸せずカテーテルを使って人工弁を心臓に留置するTHVは患者さんへの負担が少なくなるため、高齢や他疾患などで手術による治療が困難な患者さんにとっては新たな選択肢になっています。この分野では、日本で初めて当社の製品が承認と上市を果たすことができました。今後も多くの患者さんのために低侵襲で革新的な治療手段を提供できるよう努力を続けていきます。

品質・安全・製品管理本部

薬事法や関連法規に基づき、お客様に確かな品質と安全性を持った製品をタイムリーかつ安定的に届ける責任を担う部門です。
品質保証、安全管理、製造技術、ロジスティックス、物流などを統括し、生命に関わる治療製品を提供する当社にとって重要な品質と安全性の高い製品を迅速かつ的確に管理しお届けしています。
上市や製造、市販後に至るまでを管理し、品質と安全性を高水準で維持する社内体制構築と製品品質の向上に努めています。

【安全管理部】
製品の製造販売後安全管理の方法を定めた厚生労働省令、
GVP (Good Vigilance Practice)を実施する部門
(主な業務)
  • 苦情情報収集、対応
  • 不具合報告
  • 国内外の文献・事例情報収集、対応
  • 安全確保措置の実施
  • 市販後調査・再審査・再評価資料の収集
  • 安全管理者教育訓練
【品質保証部】
製品の品質管理の方法を定めた厚生労働省令、
GQP (Good Quality Practice)を実施する部門
(主な業務)
  • 社内品質システム管理
  • 国内外サプライヤー品質システム管理
  • 品質監査
  • 邦文表示(ラベル・添付文書等)管理
  • 文書管理(品質マニュアル、SOP(手順書)、規格書等)
  • 品質システム教育訓練
  • 是正措置、製品回収の実施
【製造技術部】
製品の海外生産管理、心機能監視機器の入荷検査、
保守点検、修理を実施する部門
  • カスタマーフェイシンググループ

観血式血圧モニタリングシステム製品のカスタマイズ/
在庫管理

  • テクニカル サービス センター

機器の入荷検査、保守点検、修理/技術情報提供

【ロジスティックス部】
製品の物流、包装表示、受注、配送、ディーラー政策を
実施する部門
(主な業務)
  • 製品の輸入、輸出に関する手続き業務を行う
  • 製品の荷受確認、検査、表示、保管、出荷を委託業者を使って行う
  • ディーラー政策管理
  • 製品の受注
  • 支店営業業務アシスタント

その他の主な部門

  • 薬事部・薬事・臨床開発部
  • 財務経理本部
  • インフォメーション・テクノロジー部
  • 法務部・コンプライアンス部
  • 人事総務本部
  • パブリックアフェアーズ本部

など

ここからのコンテンツは、エドワーズライフサイエンス株式会社の製品やサービスに関する情報を、医療関係者の方にご提供することを目的として作成されており、一般の方への情報提供を目的としたものではありません。どうぞご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はい いいえ

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ