dcsimg

ホーム > エドワーズライフサイエンスについて > 社会的な取り組み > エドワーズライフサイエンス基金

エドワーズライフサイエンス基金

世界中の人々のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)向上を目指す取り組みの一環として、エドワーズライフサイエンスでは、ヘルスケアおよびコミュニティ活動への支援を行っています。

この活動の一環として、2004年、米国において「エドワーズライフサイエンス基金」が設立され、 以来、心臓弁膜症に重点を置いた循環器疾患分野における知識の発展と生活の質の向上、もしくは当社が拠点を置く地域に貢献する事業への支援を行っています。

2010年より当基金は、米国以外の団体への助成も可能になりました。これを機に、国内外で活躍されている日本の団体の皆様に当基金を広く活用していただけることを願っております。

エドワーズライフサイエンス基金の目的

  • 「Every Heartbeat Matters」によって、2020年までに、心臓弁膜症の治療機会を十分に得られていない100万人に対し、疾患教育・スクリーニング検査・治療の支援を行うこと
  • 治療、予防を含む心臓弁膜症をはじめとする循環器疾患または重症度の高い患者さんに関する認知度を高めること
  • 十分な治療機会がない心臓弁膜症または重症度の高い患者さんへの支援を行い、医療アクセスを強化すること
  • 心臓弁膜症または重症度の高い患者さんに関する専門技術やイノベーションの向上を目的とした研究や教育を支援すること
  • 当社従業員が暮らし働く地域社会とのつながりを強めること
  • 当社従業員にボランティア活動の機会を提供すること
  • 信頼できるパートナーシップを構築し、更なる相乗効果をもたらすこと
  • エドワーズライフサイエンス社の信条に則って活動すること

助成の種類

本基金の助成は、以下のカテゴリーに関連する事業を対象とします:

  • 心臓弁膜症が世界的に与える負担を緩和するため、治療機会を十分に得られていない人々に対し、疾患教育・スクリーニング検査・治療の支援を行うプログラムを支援します。
  • その他の健康関連プログラム ―
    ヘルスケアの発展に貢献し、治療機会を十分に得られていない人々のためのプログラムを支援します。具体的には、教育、啓発キャンペーン、研究、未治療の患者さんへの直接的なケア、などが含まれます。
  • コミュニティプログラム―
    当社の従業員が働き生活する地域を活性化する事業で、かつボランティア活動の機会を従業員に提供できる事業を支援します。

2016年度エドワーズライフサイエンス基金年次募集

期間:2016年5月23日(月)~2016年6月17日(金)

申請方法
ご申請はエドワーズライフサイエンス米国本社にて受け付けています(英語)。申請方法は以下の2つがございます。

1.米国本社のホームページ上のフォームより直接申請する
http://www.edwards.com/aboutus/global-giving-objectives

2.日本法人の翻訳サービスを利用する
翻訳サービスは、エドワーズライフサイエンス日本法人が無償で提供しています。日本語の申請内容を英語に翻訳してお戻しいたします。申請者(利用者)はその翻訳を用い、米国本社のホームページ上のフォームより申請します。
翻訳サービスをご希望の方は、以下の注意事項を必ずご確認の上、elfj@edwards.comまでご連絡ください。折返し翻訳フォームをお送りいたします。

エドワーズライフサイエンス日本法人が無償でご提供する翻訳サービス(以下「本サービス」といいます)をご利用いただくにあたって、あらかじめ下記の注意事項をご確認ください。なお、本注意事項は予告なく変更することができます。あらかじめご了承ください。
本サービスは、エドワーズライフサイエンス日本法人が、利用者による2016年度エドワーズライフサイエンス基金助成への申請(以下「本助成申請」といいます)を前提として利用者に提供するものであり、利用者は、エドワーズライフサイエンス日本法人の許諾なく、本サービスによる翻訳結果について本助成申請以外の目的で、公表、複製、引用、送信、頒布、改変等を行うことはできません。

  • 本サービスによる翻訳結果は、本助成申請の前に必ずご確認をお願いいたします。
  • エドワーズライフサイエンス日本法人は、本サービスによる翻訳結果の正確性、確実性、有用性等について保証しません。
  • エドワーズライフサイエンス日本法人は、利用者による本サービスの利用に起因するいかなる損害の責任を負わないものとします。
  • 利用者が、不正利用または不正アクセス等の、エドワーズライフサイエンス日本法人が不適切と判断する行為もしくはそのおそれのある行為を行った場合、エドワーズライフサイエンス日本法人は、事前に利用者に通知することなく、直ちに当該利用者による本サービスの利用を制約、制限等することができるものとします。

翻訳には土日を除く3-4営業日ほど頂きますので、6月17日(金)の締め切りまでに英語サイトに申請ができるよう、お早目に翻訳依頼をお申し込み下さい。内容に関してエドワーズ担当者からご質問させていただく場合もございますので、メールアドレス、ご担当者名は正確にご記入ください。

助成の範囲

当基金の使命(目的)に合致する事業を行っている団体が助成の対象になります。

助成先に決定した団体には、活動状況を定期的にご報告いただき、活動の成果や課題を当社と共有していただきます。審査では、活動内容に関する情報公開や広報活動を一般社会に向けて継続的に行っている団体を優先的に選定しています。

助成先に決定した団体は、助成金を通じて個人的もしくは私的な利益を得たり、助成金を慈善事業以外の目的に使ったりすることはできません。当社ならびに当社の社員やその家族も同様に、当基金の助成を通じて直接の利益や便宜を得ることは禁じられています。

この主旨により、以下に該当する方は当基金の助成の対象外となります。

  • 個人
  • 営利団体
  • 政党、政治家もしくは選挙立候補者

さらに、通常、以下に該当する事業や活動は助成対象外となります。

  • 政治的な陳情運動
  • 宗教的な信仰や理念に基づく布教活動
  • 固定資産
  • 祝祭行事、スポーツ行事
  • 同一年度中の複数の助成申請
  • 物品やサービス(例:競売品、会員権、催事チケット等)
  • 課税控除対象外となる費用や支出(例:慈善行事や募金運動への支援者に謝礼として提供する物品やサービスの価額)

対象団体

日本では、上記の助成の主旨に沿った事業・活動を行っている特定非営利活動法人、財団法人、社団法人、社会福祉法人等が対象となります。さらに、当基金の助成を受けるためには、以下の条件を満たしていただく必要があります。

  • 3つの助成プログラムの基準を満たす事業であること
  • 助成申請書をご提出いただくこと
  • その他の証明書類をご提出いただくこと(慈善団体であることを証明する公的文書、収支報告書、年間予算等)

お問い合わせ

エドワーズライフサイエンス株式会社 広報室
Tel.03-6894-0640
Fax.03-6894-0789
elfj@edwards.com

ここからのコンテンツは、エドワーズライフサイエンス株式会社の製品やサービスに関する情報を、医療関係者の方にご提供することを目的として作成されており、一般の方への情報提供を目的としたものではありません。どうぞご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はい いいえ

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ